酒を美味しくする酒器 ちろり

ちろり寒さが最も厳しいこの時期、日本酒は熱燗で。ぜひともちろりで温めて!
錫器に注げば、日本酒はやわらかく美味くなる。特に、錫器の製造で大半のシェアを占める大阪錫器は、使うほどに味わいが増していく。この冬の日本酒は、ちろりで熱燗にして、しみじみと飲みたい。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード

楽天大吟醸のような香り高い日本酒がブームの今、より香りを楽しめるワイングラスを用いて、日本酒を楽しもうとする人が増えてきた。
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、2011年に始まったコンテストで、今年は252蔵648点もの出品作を集め、日本酒コンテストとしては指折りの大きさとなった。2016年度は、従来より定評のある「梵 純米55」「MIZUBASHO PURE」などが最高金賞に選ばれた。

▶ ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016

チタンの酒器SUSgallery
ぜひとも欲しいチタン製の芸術作品。保温性に優れ、冷たいものでも熱いものでも快適に飲める。

切子の酒器

  • 江戸切子  皇室御用達工房から作家物まで、多様な色彩美。
  • 薩摩切子  薩摩の紅ガラスとしても名を馳せた名品を、20世紀末に復活。

グラスの酒器

  • 津軽びいどろ  宙吹きで造られるグラス。四季を感じるハンドメイドガラス。
  • 琉球ガラス  空き瓶の再利用が、芸術品の域に。混入する気泡に特色。

メタルの酒器

  • 錫器  錫器は錆びることなく、燗や冷酒の器に最適。

陶磁器の酒器

  • 有田焼  伊万里焼とも呼ばれる色絵陶磁器の代名詞。
  • 九谷焼  有田と並ぶ、日本を代表する色絵陶磁器。
  • 備前焼  日本六古窯の一つの日本を代表する陶器。
  • 美濃焼  志野・織部・黄瀬戸・瀬戸黒など、日本一の生産量。
  • 萩焼  古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほどの名器。

漆器の酒器

  • 輪島塗  漆器の最高峰。美術品としての価値も高い輪島塗。