チーズにあう日本酒

チーズが美味くなる日本酒

日本酒日本酒とチーズの相性はいい。どのような日本酒であっても、チーズをおいしく食べることはできるが、合わせるなら生もと、熟成酒あたりが王道か。フルーティーな香りを持つ吟醸酒も、また違った表情を見せていい。

大七 純米生酛

日本酒地酒大show2012秋「チーズ料理と合わせたい!地酒大show」総合プラチナ賞に輝き、「日本一美味い燗酒」に選出されたこともあるこの日本酒なら、チーズの魅力を最大限に引き出してくれる。冷やにしてもいいし、燗にしてもいい。様々な温度帯で味わえるから、チーズの表情も七変化。

▶ 大七 純米生酛

木戸泉 Afruge Macherie

日本酒雑誌「pen」の企画で、ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒として認知された日本酒。まるでワインのようなスタイルを持つこの日本酒は、純米酒。シェリー樽で熟成させたとあって、コクと独特の酸味が日本酒離れしている印象。ワイングラスに注いで、チーズを口に運びながらその風味を楽しみたい。

▶ 木戸泉 Afruge Macherie

紀土 純米大吟醸

日本酒若者に飲んでほしいという願いの込められた酒名「紀土」には、「kid」の添え字がつく。軽快な飲み口で人気となり、今や全国区の知名度を誇る名酒。この純米大吟醸は、そんな「紀土」の良さを存分に詰め込み、爽やかですっきりとした飲み口ながらも、濃厚なチーズによく合う日本酒となっている。

▶ 紀土 純米大吟醸

チーズを求めて北海道

チーズを求めるなら北海道・十勝。富良野にはチーズ工房もあって、十勝岳を眺めながら飲む日本酒は最高に美味い。長期の休みが取れたなら、楽天トラベルアワードにも輝くホテル ナトゥールヴァルト富良野に宿をとって、ゆっくりしたい。

いろいろなチーズを通販で購入

日本酒チーズの種類はいろいろあって大変。クリームチーズに代表される熟成させないフレッシュチーズ、チェダーチーズに代表されるフレッシュチーズの水分を抜いたセミハードチーズ、さらに水分を抜いて保存の効くエメンタールに代表されるハードチーズ、カマンベールチーズに代表される白カビのホワイトチーズ、ゴルゴンゾーラに代表される青カビのブルーチーズなどがある。それぞれに日本酒と合わせてみるのも面白い 。

▶ クリームチーズ(フレッシュチーズ)
▶ カッテージチーズ(フレッシュチーズ)
▶ モッツアレラチーズ(フレッシュチーズ)
▶ チェダーチーズ(セミハードチーズ)
▶ ゴーダチーズ(セミハードチーズ)
▶ エメンタール(ハードチーズ)
▶ コンテチーズ(ハードチーズ)
▶ カマンベールチーズ(ホワイトチーズ)
▶ ヌーシャテル(ホワイトチーズ)
▶ ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)

この銘柄でこのおつまみ!