萩焼の酒器

萩焼

1604年に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工が窯を開いたのが始まり。
器の表面の釉薬がひび割れ「貫入」と、使い込むことによって生じる枯れた味わい「七化け」を特徴とする。古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほどの名器を生む。

▶ 萩焼

萩焼で飲むならこの酒

獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分
誰もが認める人気ナンバーワンの純米大吟醸酒「獺祭」。そのフルーティーな味わいは女性にも人気で、日本酒に新たなファン層を加えた。萩焼と同じ山口県で醸される。