住みたい街として注目される北区

北区は鉄道へのアクセスが優れた住みやすいところ

東京特別区北区江戸旧武蔵国豊嶋郡に属し、1947年に、王子区・滝野川区が合併し、北区となった。幕府末期に設営された滝野川反射炉が為、明治から昭和中期まで軍都の役割を担った。渋沢栄一が中心となって設立した王子製紙は、王子地区が創業の地となった。
域内は、赤羽地区・王子地区・滝野川地区に分かれる。

北区の主なデータ(23区内での割合)

面積: 20.61㎢(3.3%)
人口: 約35万人(3.7%)
人口密度: 16860人/km²
世帯数: 約18万世帯(3.7%)
昼間人口: 約33万人(2.8%)
小売店数: 約2200店(3.0%)
百貨店: 3店
飲食店数: 約1800店(2.7%)


北区の飲み屋街ガイド

赤羽

▶ 一番街
近年、住みたい街ナンバーワンに選ばれる赤羽には、「せんべろ下町」と呼ばれる庶民の懐に優しい飲み屋街がある。JR赤羽駅から伸びる通りに幾つもの路地が交差して、独特の雰囲気を醸し出している。

この肴にはこの日本酒銘柄!