おしゃれなワイシャツ

男のドレスシャツ

洒落た男なら、ドレスシャツは ozie で選ぶ。六本木にショールームを置くozie は、1924年からワイシャツを製造販売し、圧倒的な品ぞろえと求めやすい価格で支持されている。特に目のいく襟元にこだわりがあり、人気のイタリアンカラーのドレスシャツが豊富にそろう。

▶ 首回り(cm)
指定なし~3637383940414243444546~
▶ 体形
指定なしY体(細身)A体(標準)AB体(ややゆったり)BB体(ゆったり)E体(大きいサイズ)
▶ 特徴
指定なし形態安定形状記憶ノンアイロンイージーケア


イタリアンカラー

イタリアンカラーのドレスシャツ襟と前立てが一枚になったカラー。ネクタイなしでもきれいに決まるから、アフターファイブに、そのまま友達と約束なんてこともOK。第1ボタンがないスキッパーと、第1ボタンがあるボタン有タイプの2種類がある。

ドゥエボットーニ

ドゥエボットーニのドレスシャツ衿高があり、一番上にボタンが2つ付いたワイシャツ。デュエボットーニともいう。やや大きな襟は、ノーネクタイでもきれいに決まる。ちょっと洒落た飲み会で。

トレボットーニ

トレボットーニのワイシャツトレボットーニとは、イタリア語で3つボタンの意。衿高が高く、一番上にボタンが3つ付く。首に沿って立つ襟は、スマートなシルエット。カジュアルに着こなすこともできる。

ワイドカラー

ワイドカラーのワイシャツ衿羽開きが90~120度前後。レギュラーカラーより衿の開きが大きく、衿羽も長く開いて美しい。ネクタイを締めてもノンネクタイでも綺麗に決まる。さりげなく自己主張できるワイドカラーのワイシャツ。

レギュラーカラー

レギュラーカラーのドレスシャツもっともポピュラーなドレスシャツ用の襟型。シーンを選ばないオールマイティーな着こなしを可能とする。シンプルではあるが、このシャツを着こなせる男はホンモノだと言える。

ホリゾンタルカラー

ホリゾンタルカラーのドレスシャツイタリア男性に人気。衿羽開きが180度。人気上昇中のホリゾンタルカラーのワイシャツは、ネクタイをして個性的に決めるのもいいし、ノーネクタイでカジュアルに決めるのもGood!

ボタンダウン

ボタンダウンのドレスシャツozie では、ボタンダウンのドレスシャツも様々にとりそろえている。

クレリック

クレリックのドレスシャツイギリスの修道士が着用していたシャツが由来の、衿とカフス部分のみ白い衿を使用したシャツ。格調高く、英国王室でも好んで着用される。

マイターカラー

マイターカラーのドレスシャツ衿先のボタンを通常より内側に配し、縦横を切り替えした生地でボタンを半分隠すことにより上品なアクセントをつけた衿型は、パーティーで活躍。ノーネクタイでも似合う。

スタンドカラー

スタンドカラーのドレスシャツあまりお目にかかれないタイプのカラーのシャツは、個性的に決めるといい。カジュアルなジャケットとさりげなく合わせるのもカッコいい。

ウィングカラー

ウィングカラーのドレスシャツフォーマルにきめるシャツではあるが、ノータイでカジュアルに纏って夜の街に繰り出せば、注目されること間違いなし。

ドレスシャツにはカフスを

ワイシャツのカフス夜の街を彷徨いたいなら、面倒でもカフスはつけるべき。グラスを持つ手元がぐっと引き立つ。カフスの有無が、紳士かオヤジかを分けるのだ。
そして、わざわざカフスをつけるなら、袖口を折り返してカフスでとめるダブルカフスのドレスシャツを。おしゃれでいて、エレガント。個性も光る!

▶ おしゃれなカフスいろいろ
▶ ダブルカフスのワイシャツ