津軽びいどろ

津軽びいどろのグラス

津軽びいどろ


宙吹きで造られるガラス美。昭和52年(1977年)、北洋硝子が浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を用い、「津軽びいどろ」が誕生。昭和61年(1986年)、七里長浜からすくい上げた砂を硝子の原料に加えて、渋い緑褐色が特徴の津軽びいどろが誕生した。今では様々な色に彩られ、「四季を感じるハンドメイドガラス」となっている。

▶ 津軽びいどろの名品

  • 北洋硝子 漁業用の浮玉製造からはじまったガラス工房。
  • 秋村実 北洋硝子顧問としても活躍。日本民藝館賞受賞作家。

津軽びいどろで飲むならこの酒

田酒特別純米酒 田酒
「田酒」の名には、田んぼから生まれた米以外は何も使用していないという意味が込められている。津軽びいどろと同じ青森で生まれたこの真面目な酒は、今や日本酒党には欠かせぬ酒。

この銘柄でこのおつまみ!