東京の商業の中心 ハイセンスな中央区

中央区は銀座などがある東京の中心

東京特別区中央区東京23区の中では台東区に次いで小さい。人口も千代田区に次いで少ないが、昼間人口は約4倍に膨れ上がる。
1947年に、日本橋区と京橋区が合併して中央区になった。域内に銀座・八重洲・日本橋・築地・月島・晴海等の街がある。

中央区の主なデータ(23区内での割合)

面積: 10.21㎢(1.6%)
人口: 約15万人(1.6%)
人口密度: 14940人/km²
世帯数: 約8万世帯(1.7%)
昼間人口: 約60万人(5.0%)
小売店数: 約3600店(4.7%)
百貨店: 5店
飲食店数: 約5300店(7.9%)


中央区の飲み屋街ガイド

銀座

▶ 銀座コリドー街
銀座の西の端、有楽町と接するところに洒落た飲み屋街・銀座コリドー街がある。JR高架横の歩道は多くの若者が行き交い、ナンパの聖地と呼ばれる。