東京横丁飲み歩き

個性的な飲み屋街を求めて東京散歩。新宿の思い出横丁や、渋谷のんべい横丁、赤羽一番街…個性的な飲み屋街がいたるところに散らばっている。
トト東京では、都内各地の飲み屋街を散策し、その規模と賑わいなどから呑兵衛度を採点。「酒場ガイド」とした。

▶ 慶応仲通り商店街 酒場街度 12点
▶ ほぼ新宿のれん街 酒場街度 9点
▶ 赤羽一番街 酒場街度 13点
▶ 渋谷のんべい横丁 酒場街度 10点
▶ 銀座コリドー街 酒場街度 11点
▶ 新宿西口商店街 思い出横丁 酒場街度 13点
▶ 有楽町産直飲食街 ぶんか横丁 酒場街度 9点
▶ 蒲田駅西口 バーボンロード 酒場街度 11点

シャツを買うなら六本木の店 ozie

ワイシャツよれよれのシャツを着て酒場に足を向けても、愚痴を吐きながら苦い酒を飲むことしかできないのです。夜の街に繰り出す時は、シャツだけはピシッと着よう。たとえ仕事で大汗かいたとしても、涼しく包んでくれるシャツがある。だから酒を飲んで熱い話ができるのです。ワイシャツなら、六本木にショールームを持つ ozie のドレスシャツがいい。価格、品質ともに信頼のブランド。

▶ ozie のドレスシャツ

シンプルで美しい東京のバッグ・土屋鞄

土屋鞄1965年創業の土屋鞄は、シンプルで美しい革製品で知られる。中でも、使い込むほどに味が出るビジネスバッグは、できる男の必需品。足立区にある工房では、大人気となっているランドセルづくりの見学も可能。東京を代表するバッグと言えば、土屋鞄。

▶ 土屋鞄の皮製品

東京の変遷を語る23区内唯一の酒蔵の日本酒

東京盛2016年春、40年ぶりに東京盛が復活。この酒は、東京23区内に残る唯一の酒造・小山酒造(北区)で醸される日本酒で、大正時代に東京の発展を願い発売された。復刻酒は、当時のデザインを再現し、純米大吟醸酒に格上げして販売されている。ただし、人気に火が付き、入手困難。

▶ 東京盛(とうきょうざかり)